有効な相続のための遺言書作成

自分が死んだ後、その財産については相続が行われることになりますが、出来るだけ自分の意思を反映させるためには、遺言書を作成しておくことが重要です。
しかし、法律的に有効な遺言書作成のためには、いくつかの注意点があります。

まず一つ目が、様式に対する条件です。遺言書に強制力を持たせるためには、法律的に有効な形式を満足している必要があります。これが欠けていると、遺言書自体の効力が認められません。
二つ目が、内容に関する条件です。自分の財産であっても、相続人の相続に対する期待を侵害することは出来ません。しかし後者の条件については、合理的な解釈により、遺言書の効力を認めることも出来ます。

法律家に遺言書作成を相談

終活という言葉を知っていますか?終活でもあげられているのが遺言書作成になります。生前に遺言書作成をしておくことで、後に残される親族にトラブルや抗争などに巻き込まれる可能性が低い点があげられます。

そうは言っても遺言書については、一般的に知られていないような決まりごともいくつかあり、作成がはじめての場合には、スムーズに作成できないかもしれません。このような場合には、プロである法律家に依頼することでスムーズに遺言書の作成が可能になることでしょう。法律家には弁護士をはじめとして、司法書士や行政書士などにもサポートを得ることができます。

専門家のアドバイスを交えながら遺言書作成

遺言書作成する際には、専門家のアドバイスを交えながら作成することをおすすめします。最近では遺言書を作成する人も増えていて、遺言書においての著書やキットなども販売されています。そのようなことから、自分だけでも遺言書を作成する事は可能になっています。

しかしながら、専門家のサポートを受けながら遺言書を作成することで、プラスアルファの知識を得ることもできますし、より良い遺言書作成をおこなうことができるでしょう。せっかくであれば、遺産相続を専門としている法律事務所のサポートを受けることで、遺産相続についても知ることができるでしょう。

自分に適した遺言書作成

自身が望めば満15歳以上であれば、だれでも遺言書を作成する事は可能です。しかしながら、まだまだ遺言書作成する事はお金持ちな人という認識はあります。そのようなことから、自分の遺言書を作成しない人は数多くいます。しかしながら、ライフスタルが多様化されている現代において、遺言書の作成はマストなこととしてあげることができます。

近い将来においてはさまざまなことが問題として出てきますので、その時に遺言書があれば何かの足しになる可能性もあるでしょう。遺言書の作成時には、専門家のサポートを得るようにしましょう。

遺言書作成でどういう効果があるのか

親族が亡くなった時に問題になってくるのが遺産相続の問題です。もし、故人がそれなりの遺産があり亡くなった場合にはその遺産を巡って親族間で争いになるケースもあります。ですが、それも故人が生前に遺言書作成をしていた場合はかなり話が違ってきます。なぜなら、遺言書作成をしておけばそれに従って遺産の分割が行われるように基本的にはなるからです。

ただ、その遺言書を故人が複数作っていた場合はその最新の遺言書が有効になります。なので、故人がこういう遺言書を作っていたからこの通りにすべきだと言っても、それが最新の遺言書でなければ無効になります。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

大阪市で相続について、相続問題・相続相談、相続手続き、遺言書作成はたちばな法律事務所にお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。