相続税に関する税務調査について

納税する時に申告漏れとなってしまっているものがないかどうか確かめ、適切に納税を行うという事を目的に相続税に関する税務調査が行われます。相続税に関する税務調査においては、意図的に納税を逃れるために漏れとなっているものばかりではなく、知らずに漏れてしまっているものについても含まれます。

ですので、大丈夫と自信を持っていても、相続税に関する税務調査が行われると、漏れている部分が発覚する事もある様です。自分だけではきちんと申告できているかどうかわからないという人は、税理士に相談して、相続税に関する税務調査に向けて、最初から漏れのない申告を行っておくといいでしょう。相続税に関する税務調査では、預金だけではなく、有価証券や土地などが深刻漏れになってしまっている事もあるそうです。