遺留分はしっかり請求しよう

法律で定められている相続人が、最低限相続出来る財産の割合のことを遺留分と呼びます。基本的には遺言書に記された内容が優先となり、故人の遺志が尊重されます。しかし、全財産を愛人に譲るというような内容だった場合、残された家族が気の毒です。そのため、法律では相続人が相続出来る最低限の財産を保証しています。

相続権を侵害された分を取り返すには、遺言書に従って相続を行った人に遺留分減殺請求をする必要があります。その権利は、相続開始及び相続権の侵害に気づいた日から1年経過、あるいは侵害されていることを知らなくても10年経ってしまうと時効になり消滅してしまいます。

遺留分制度を覚えて確実な遺産相続を行いましょう

現在、遺言書を書かれている方は、遺留分というものをご存知でしょうか?相続人が最低限受け取れる遺産の割合を定めた制度で、この割合を無視した遺言書を作成すると、相続トラブルを招く結果につながってしまいます。

相続の割合は、相続人の数や、被相続人との関係性によって異なりますが、1/4程度の割合が基本となります。もしこの割合よりも少額の相続を遺言書に記載すると、対象となった相続人が、遺留分請求という不足分を請求する手続きに出る可能性が発生します。このような相続の揉めごとを回避するには、法律家に確認や相談をしっかりと遺言書を作ることが大切です。

遺留分を取り戻すための手段

遺産を相続するときに、遺言書に書かれたことを優先するのは当然ですが、遺言書が絶対というわけではないのです。例えば遺言書に書かれた内容が遺族以外の人にいくら相続するとあった場合、相続する割合によって遺族は財産を取り戻すことができるのです。

そもそも遺族には最低何割もらえるなどの決まりがあり、それをオーバーして遺族以外の方に相続させようとすると、遺族の相続権を侵害していることになります。これを遺留分と呼び、トラブルになりやすいことでもあります。遺留分を取り戻すためには遺産相続を得意としている専門家に依頼しましょう。

相続に関する制度「遺留分」について

相続人が遺産を貰えない事態を避けるために法律で定められた財産のことを遺留分と呼びます。故人の意思が絶対なので基本的には遺言書の内容が優先されるものです。しかし、愛人など血縁関係がないような、法定相続人以外に全財産を譲渡するといった内容が書き残されていた場合、遺族たちが生活する家を失ってしまい、生活出来ない状態に陥ってしまいます。

このような相続人に利益のない事態を防ぐため、遺産の一定割合は必ず相続人が取得できる遺留分という制度が民法にあります。相続が保証されているのは、配偶者や子供、父母などの親族です。第3順位になっている兄弟は相続が保証されていません。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談なら

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

不動産を相続するときの遺産相続手続きについて

不動産を相続する際に必要になる遺産相続手続きは次の流れになっています。

まず相続手続き方法ですが、相続人や行政書士が行うことができます。

相続手続きをするには必要になる書類があります。亡くなった方の遺言書、戸籍謄本、住民票、相続する人全員の、戸籍謄本、住民票、印鑑証明書、身分証明書、後は、相続する不動産の権利書が必要になります。

遺産分割協議で遺産を誰がどのように分けるかを話し合い、その結果が決まったら遺産分割協議書をして管轄している法務局で遺産の相続登記を申請します。登記の完了後に遺産の相続をすることができます。

遺言書作成と保管のアドバイスを受けよう

遺産の相続で、残された家族が揉めないように世帯主の方はきちんと遺言書作成を済ませておきましょう。

法律のプロである弁護士または行政書士の力を借りる事で遺言書作成はサクサク進みます。

個人では難しい書類作成も、プロに依頼すれば、的確にアドバイスしてくれますし、
自分が希望する通りの遺産の分割が実現します。
絶対に相続させたい人物に、遺産分与の割合を増やす等、臨機応変な書類作成も可能です。

また遺言書を作成した後の書類の保管に関するアドバイスも受けられます。
遺言書作成をきちんと済ませても、家族がそれを発見出来なかったり、紛失してしまっては本末転倒です。
保管場所を丁寧に選んでもらったり、あるいは預かりを代行してもらえば完璧でしょう。

遺言書作成で公正証遺言を選択するメリット

公正証書遺言というのは、公証役場で作成する遺言書のことで、公証人が遺言の内容を聞き取り、それを正確に書き残すものを呼びます。遺言者の周囲の環境が複雑な場合、例えば離婚していて、子どもが複数いたり血縁以外の人に相続させたい、病気などが理由で、自筆で遺言書作成をするには難しいといった場合などに、遺言内容も難しくなる場合には最も適しています。

法律に沿った内容で書き残すため無効になることもほとんどなく、遺言者が亡くなったときには、面倒な家裁の手続きなく遺言書を開封できるなど、メリットが多くあります。保管場所は公証役場なので、書き換えられたりする心配もありません。

遺言書作成の際に気を付けること

遺言書作成は遺産相続において有効な手段ですが書式には一定のルールがあり、従った書き方でなければ遺言書自体が無効になることもあります。最も簡単な手法として、自筆証書遺言があります。その名の通り自筆で作成する手法ですが、自署であること、作成年月日の記載があること、押印があることが必要になります。この内のどれかが欠けていると無効になるので注意が必要です。

これに対して公正証書遺言は公証人に対して遺言内容を伝え、公証人が遺言書を作成し保管するという方法であり、遺言書の効力に対しての心配は無くなりますが自筆証書遺言に比べて費用が掛かります。

一般的な遺言書作成について

遺言書作成には公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言の3通りの方法があります。主に選ばれるのは自筆証書遺言と公正証書遺言です。自筆証書遺言は、費用もかからずに、紙とペンだけあれば、好きな時に好きなところで書く事が出来ます。最も自由で簡単ですが、法にのっとった形式を守って作成しなければ無効になる危険があります。

相続が発生した時には家庭裁判所の検認が必要になります、遺言書が見つけてもらえない場合もあります。公正証書遺言は相続が発生した時に家庭裁判所の検認がいらない唯一のものです。公正役場で保管されるためです。作成時には証人が2人以上必要で、費用も発生します。

相続手続きの相談は司法書士や弁護士へ

遺言書作成や、相続発生時における相続手続きに関するトラブルなど、相続についての悩みがある場合には、弁護士や司法書士などの専門家に相続相談することをお勧めします。適格なアドバイスを受けることが出来ますし、遺産の分割などの業務について依頼をすることが可能です。

また、弁護士は本人に代わって代理人として他の相続人との交渉を行い、遺産分割協議をまとめてくれます。司法書士に依頼する場合には、遺産分割協議成立後の不動産の相続登記まで行ってくれるケースもあります。

相続についての相談は自分だけで悩んでいても解決しません。司法書士や弁護士などの専門家に相談することによってスムーズに解決することが可能なのです。

相続人同士で争わない相続手続き

遺された財産を誰が相続するかで争いが起きることがありますが、遺された財産を相続人同士で争わないで相続人を確定する方法がありあす。

相続に特化している事務所に依頼することで、遺された遺産を相続人同士で争わないように分配できないか相談することができます。

ただ、相続人の確定の際に、不動産処分や銀行手続きなどが必要になる場合は、被相続人の出生から死亡するまでの戸籍を漏れなく集める必要がありますが、戸籍に不明な箇所があると困難になる場合があります。

相続手続きの他に並行して進めないといけないこともありますので、専門家に依頼することにより、負担を減らすことも可能です。

相続手続きは拒否をすることが可能です

相続手続きとはいっても財産ではなく負債が多い場合には拒否をすることも十分あります。

自分が相続人になったことを知った3ヶ月以内に家庭裁判所に対して相続放棄の届出を行えば相続放棄が受理されます。申請する家庭裁判所は非相続人の家庭裁判所になります。

申請にあたっては相続放棄申述書、相続人の戸籍謄本、住民票、認印になります。なかには、限定承認といって、一部の負債を残して支払いをしていくという可能性もありますが、自分の負債では無いものを相続してまで払う必要が無いというのが相続放棄の考え方です。

多額の負債が発生する相続の場合には検討をしましょう。

知っておくと役立つ相続手続きと期日について

相続手続きの中には期日が設けられているものがあり、注意が必要です。まず、被相続人が亡くなって相続が発生するとその発生から3か月以内に相続人は相続放棄、又は限定承認のいずれかを決める必要があります。相続放棄とは相続財産がマイナス分のほうが多い場合に相続自体を放棄できる一方、限定承認とはプラス分の範囲でマイナス分も相続する場合を指します。
次に相続発生から4か月以内には被相続人の所得税準申告を行います。さらに10か月以内には相続人自身の相続税申告と納付を行う必要があります。遺産分割協議もその申告の前に済ませておく必要があります。
尚、相続人の遺留分を超えて相続が行われた場合にあとからそれを取り戻せる制度として遺留分減殺請求がありますが、この請求は相続発生から1年以内に済ませる必要があります。

相続税税務調査による修正申告は弁護士相談へ

税務署が行う相続税の調査に、相続税税務調査というものがあります。

相続人が申告書を提出した後に、申告漏れが疑われる場合に税務調査が入ることがありますが、税務署の職員が自宅や貸金庫などに来て、相続財産をチェックします。

相続税税務調査の結果によっては修正申告が必要になる場合がありますが、延滞税、加算税が追徴されたり、財産を隠しているなどの事情によっては別途ペナルティが課される可能性もありますので、適正な申告を行うことが大切です。

相続税税務調査という言葉を聞くと、身構えてしまうかもしれませんが、弁護士に相談するなど専門家のアドバイスを仰ぎながら行動すれば心配することなく対応できるので安心です。

いろんな費用を含む相続手続き

家族間での争いを避けるという目的のために、司法書士などに相続手続きを依頼してしまう人は多い様ですが、司法書士に支払う費用はもちろんですが、その他にも相続手続き関連の支払いが必要になる事もあります。

司法書士が提示している費用は、相続手続きに必要な費用を含んでいるのかどうかという事を知りたいですね。

相続手続きの費用を含んでいる場合には、別途お金が必要になるという事はあまりないかもしれませんが、法律費用だけであれば、別途相続手続きに関する支払いが発生する可能性もあります。詳しい内訳を確認するとすぐにわかる事でしょう。また相談する際に司法書士に尋ねておくと、はっきりとしますね。

相続税税務調査で申告漏れが発覚する事も

本人はしっかりと納税できているつもりであっても相続税税務調査において、申告漏れが新たに発覚するという事もあるみたいですね。資産となる物は預金や株式もしくは保険金などだけではなく、気が付きにくい物もあるかと思われます。納税の際に税理士に頼んでおくと、それらについてもチェックしてくれる事だろうと思います。

相続税税務調査において申告漏れがあった場合には、たくさんの費用を支払わないといけないという事が予想されます。

相続税税務調査では、うろ覚えの知識で対応するのではなく、調べた上で答えたいですね。相続税税務調査で問題なければいいですね。納税申告の時から相続税税務調査の対策をしたいですね。

相続税を考慮した遺言書作成

これから遺言書作成をするのであれば、ぜひ相続税の事についても考慮する様にしたいですね。

遺言書作成を行う際には、相続税の金額を引き算して、最終的にいくらもらえるのかという事も把握しておくといいでしょう。

遺言書作成や相続税については、法律をベースにルールが定められていますので、難しく思う事も出てくる可能性はありますが、子孫が紛争になるのを回避するためにも、自分できちんと理解する様に努めるか、もしくは法律家の力を借りて、ベストだと思える様な対応をしておく様にしたいですね。

遺言書作成を行うタイミングは相続税について考えるいいチャンスではないでしょうか。相続税を納税する家族の事まで考えた上で、遺言書作成をしたいですね。

相続税税務調査を担当する弁護士

弁護士の中でも、相続税の税務調査を担当する事が多い人であれば、現場に立ち会っている経験も豊富である事が考えられます。

その様な弁護士に、相続税税務調査の相談をすると、漏れなく、しっかりと対応してくれる事が期待できそうです。

相続税の税務調査に多く立ち会っていると、だいたい調査官がチェックしそうな場所というのは、分かっている弁護士もいると思います。

相続税の税務調査では1日から2日程度で行われる事が多い様ですので、調査官は無駄な事に時間を費やす事はしないそうです。その様な点を踏まえて考えると、やはり相続税の税務調査を担当する事が多いベテラン弁護士にお願いする事で、きっと無事に済ませられる事でしょう。

相続税税務調査と金額の大小

どの様にして相続税での税務調査が入る所を決定しているのかという事は、一概には分かりません。来ないと思っていても突然相続税での税務調査が来る事もあります。

しかし、相続税での税務調査が入りやすい傾向にあるケースというのは存在するみたいですので、もし該当する人がいれば、ぜひ対処をしておきたいですね。

まず、相続税での税務調査においては金額の大小が関係している事もある様です。

相続税は相続の金額が大きいと税額も増える事になりますので、金額が大きい人は要注意の様です。しかし、金額が大きいというのは曖昧ですが、3億円程度かそれを超える場合には、準備をした方がいい様です。

また、申告は書類で行いますが、間違いが複数発見された場合に、税務調査が来る事もあるみたいです。

連絡が取れない相続人がいる際の手続き

中には結婚したり、一人暮らしをするなどして家を出てしまう人もおり、そのまま連絡が取れなくなっている相続人がいる場合の相続手続きについてですが、たとえ連絡が取れなくても手続きをして相続をする必要があります。

勝手に集まった人だけで相続の手続きを進めると後でトラブルの原因になりますので、回避するために失踪宣告などの手続きが必要になります。

連絡が取れない相続人がいる時には、少し話がややこしくなりますので、法律家に頼んで相続の手続きを行うなどの対応を行う様にしたいですね。自分達の意見で進めてしまうのではなくて、きちんと法律が定められていますので、決して無視する事はできません。

相続税に関する税務調査について

納税する時に申告漏れとなってしまっているものがないかどうか確かめ、適切に納税を行うという事を目的に相続税に関する税務調査が行われます。相続税に関する税務調査においては、意図的に納税を逃れるために漏れとなっているものばかりではなく、知らずに漏れてしまっているものについても含まれます。

ですので、大丈夫と自信を持っていても、相続税に関する税務調査が行われると、漏れている部分が発覚する事もある様です。自分だけではきちんと申告できているかどうかわからないという人は、税理士に相談して、相続税に関する税務調査に向けて、最初から漏れのない申告を行っておくといいでしょう。相続税に関する税務調査では、預金だけではなく、有価証券や土地などが深刻漏れになってしまっている事もあるそうです。

注目したい相続税についてのお尋ねの書類

ポストにはチラシや郵便物などいろんな物が入っている事がありますが、相続税についてのお尋ねと呼ばれる書類が税務署から届いている場合には、要注意です。相続税についてのお尋ねと呼ばれる書類は処分してはいけません。

相続税についてのお尋ねの書類は読むだけではなく、書いて提出しないと、税務調査が来る事もあります。相続税についてのお尋ねの書類が来るとすれば、身内が亡くなってしばらくした頃に到着する可能性が高く、税務署は誰がいつのタイミングで亡くなったかという事は、把握できている様です。

また、資産についても把握できている部分もあるため、この書類が送られてきます。相続税についてのお尋ねの書類は、失くさない様にしないといけませんね。記入漏れなどに気を付けながら、完成させたいですね。

手続きにおいて大事な相続財産

さて、今から相続の手続きをしようかという段階において重要な事があります。まず書類を書いたりする手続きに取り掛かるのではなく、まずは相続財産を確認する事が必要です。相続財産はお金だけとは限りません。

これが厄介で、証券や株式、生命保険など自分の知らない事もあるかもしれません。相続財産を把握するため、市役所に行って手続きしないといけない事もあり、平日は仕事をしていると難しく感じられるかもしれません。

相続財産が確定すると、次の手続きに進む事ができますね。手続きを一つ一つ見てみると、やらないといけない事はたくさんあり、悲しんでいるばかりではなく、忙しくなるという事が考えられますね。

ぜひ遺言書を作成したいケース

結婚して子供がいるが、離婚し別の人と再婚した場合などには、相続も複雑になってしまう事もあります。ですので、この様な場合には、遺言書を作成しておくといいと思います。他にも養子関係にある人なども遺言書を作成しておきたいですね。ちょっとした金額であっても、揉める時には揉めますので、遺言書を作成しておくと、回避できる可能性は高まる事でしょう。

また、身寄りがない人は、遺言書作成する必要がないと思われるかもしれませんが、面倒をみてくれた人に対してお礼がしたいという場合には、遺言書を作成しておく必要があります。誰かが権利を主張した場合でも、トラブルにならない様に考えておきたいですね。