相続手続きにおける相続放棄とは

相続において遺言書の通り遺産を分配する手続きを行う場合は、税務署へ申告をして終了します。しかし、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産がある可能性があります。相続人はこの調査を行い、必要があれば相続放棄または限定承認の相続手続きを行う必要があります。

遺産の相続放棄することにより、初めから相続人ではなかったこととなり、マイナスの遺産もプラスの遺産のいずれも受け取ることは無くなります。相続する借金などが多い場合などに多くなされます。この手続きにあたっては、3か月以内に家庭裁判所へ申告しなければなりません。

弁護士を利用することで簡単に相続手続きを完了できます

遺産手続きはとてもたくさんの種類があります。全ての手続きには期限を定められており、期限を少しでも超えてしまうと、相続したくない遺産まで相続してしまったり、相続したい遺産を相続出来なかったりとトラブルに巻き込まれる可能性もあります。たくさんある相続手続きの中でどの手続きからすれば良いのかわからない場合は、弁護士を利用するようにしてください。

弁護士を利用することで全ての手続きを期限内に終わらせることが出来ます。期限がありますので、手続きで分からないことがある場合は、早めに弁護士に相談をしてください。

相続手続きにかかる費用を知りたい

遺産を相続できるとなっても、相続手続きに思ったよりもお金がかかってしまうようではあまり意味がないように感じてしまう人もいると思います。では遺産相続手続きにはどれくらいの費用がかかってくるのでしょうか?まず覚えておきたいのは市役所などでも書類を取り寄せる際には1枚いくらという単位で費用がかかるということです。

平均すると1通3000円程度ですが、必要な書類は全てで5枚ほどある場合もありますので、それぞれにその費用がかかってきます。クレジットカード払いでは対応できないため、ある程度のまとまったお金を事前に用意しておきましょう。

遺産相続手続きって誰が表に立ってやるの?

遺産相続手続きといってもその内容は様々ですし、内容もイマイチわからないという人も多いと思います。そんな中で誰が一番表に立って動くべきなのでしょうか?基本的に遺産相続する権利がある人たちは全員自分が遺産を相続する権利があるということを念頭において、自覚を持って動くべきだと思います。

しかしみんながバラバラに動いてしまってはまとまるものもまとまらなくなってしまいます。そういった時に先頭にたって話を進めていくのはやはり、故人から見て配偶者にあたる人、もしくは長男にあたる人ではないでしょうか?この2人のどちらが遺産相続権利のある人なのかを調べて連絡を取るのが一番スムーズかと思います。

相続手続きは弁護士を利用すれば簡単です

相続手続きはとても種類が多く、申請はとても難しいと考えられていますが、たくさんの手続きがある場合は、弁護士を利用することで簡単に終わらせることが出来ます。全ての手続きには期限があります。その期限を少しでも超えてしまうと相続トラブルにつながってしまいます。

遺産相続があり、たくさんの手続きが生じる場合は、すぐに弁護士に依頼をして手続きの順序を決めてもらうようにしましょう。順序通りにすれば無理なく手続きを終わらせることが出来ます。相続手続きに困った場合は、手遅れになる前に早めの行動をとるようにしてください。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

大阪市で相続について、相続問題・相続相談、相続手続き、遺言書作成はたちばな法律事務所にお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。