相続相談についてのアプリが便利です

相続問題というものは中々スムーズにいかないのが現状です。
仲の良かった家族が、相続の決定について争いが起きてしまうという例も少なくありません。
そうならないためにも、事前にいろんな相続についての勉強しておくことが大事だと思います。

今、大変便利なアプリがあるということを知っておいたほうが良いでしょう。
スマートホンが一般化してきているので、相続相談についてのアプリはどなたも簡単にシュミレーションが可能となってきているのです。
相続計算は何度でもシュミレーションが可能で、パソコンに印刷も出来るので是非利用してみましょう。

遺言書作成するなら遺留分は注意しましょう

遺言書は、誰に何を相続するのかを残された家族に対し、意思表明をする書類です。基本的には、遺言書の内容に従い遺産分割をしていきますが、遺言書作成時に特定の人物に全ての財産を分与するという内容の場合は、遺留分によって遺言書の内容通りに遺産分割をすることが出来ません。

遺言書作成する場合、遺留分を侵害していないのかに注意をしながら書くようにしてください。この権利は法律によって、受け取る割合を決められているので、割合を下回った場合、最低限の保証金額をもらうことが出来るように定められています。配偶者が一番多く遺産をもらえるようになっています。

遺言書作成と遺留分と制度の内容

遺言書作成に対して、遺留分というのはどういった役目を持っているのでしょうか?こちらの制度は本来自分が遺産を相続するべき立場であったが、遺言にその旨が記載されていなかったので一円ももらうことができなかったと言った場合に自分がもらうことができる金額を請求できる制度です。

こちらは誰でも請求できるというわけではなく、故人の配偶者、両親、子供でないと権利がありません。ここでポイントになってくるのが個人の兄弟はその請求する権利がないということです。(ただし子供が未成年だった場合には代行者として請求をかけるような事案もある)

遺言書作成に対して遺留分の効果

遺言書作成に対して遺留分というのはどういった効果を持ってくるのでしょうか?相続手続きをする際には一番優先されるのが遺言書になり、それになにか文句を言っても基本的にそれが通るというのはあり得ません。しかし遺留分の制度を使用することによって実は自分の正当な権利を主張できるのです。

遺言に対してそういった行動をすることができるのはこちらの制度だけで、遺産分割協議申請なども一度話がついているものに関してはひっくり返ることがありません。そこから見てもこちらが特別な制度であることがよくわかりますね。知っていて損のない制度です。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談なら

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

大阪市で相続について、相続問題・相続相談、相続手続き、遺言書作成はたちばな法律事務所にお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。