相続相談の専門家

相続に関する問題が発生し、自力での解決が困難な時の相続相談は、様々な専門家に依頼する事が可能です。遺産分割の割合や法定相続分の問題など、相続人同士によるトラブルが発生した場合には、弁護士に依頼するという手段があります。

これらの問題は場合によっては裁判にまで発展する可能性があるからです。相続税の申告、相続する予定の資産の評価などに関する問題は税理士に相談できます。遺言書の作成と執行、相続放棄については司法書士への相談するという方法もあります。これらの相談の際には料金が発生しますので、注意が必要です。

遺言書作成は遺留分に注意をしましょう

遺言書は、遺産相続を簡単に済ませる為にとても重要です。法律上問題の無い遺言書の場合は、遺言書に従って遺産分割をしていきますので、すぐに遺産相続を終わらせることが出来ます。しかしながら、遺留分を犯している場合は、遺言書通りには、遺産分割をすることが出来ません。

この権利は、相続人に最低限の保障がされた遺産の取り分のことで、これはいかなる場合でも遺言者でも侵すことが出来ません。最低限の保証金額は、法律で定められているので、遺言書作成をする場合は、この割合を下回らないように注意しながら、遺言書を書くようにしてください。

遺留分を厳守し遺言書作成をしてください

相続人の1人に全財産を相続させたいという場合は、遺言書を残すという手段が思いつきますが、遺言書で特定の人物に全ての財産を相続させると書いたとしても、遺留分という大きなハードルが立ちはだかります。

遺留分は最低限保障された遺産の取り分で、これは遺言者であっても侵すことができない権利です。遺言書作成をしても、無効になってしまっては意味がないので、注意をしながら作成をするようにしてください。弁護士などに相談をすることで、法律上問題がないのかをチェックをしてくれます。書き方などもアドバイスをしてくれるので、有効な遺言書を作成することが出来ます。

遺言書作成に対してなぜ遺留分はできたの?

なぜ遺言書作成に対して、遺留分という制度ができてきたのでしょうか?昔からあった制度ではなく途中で法律として追加になった制度です。例えばもし自分が個人の配偶者だったとして、一生懸命看病したのに遺言書には「自分の財産は全て愛人のAさんに譲る」とあった場合納得できますか?

もし遺言が最優先されるという制度だけでしたらどんなに自分が納得いかなかったとしてもその遺言通り全ての財産を愛人に渡すしかなくなってしまいます。そういった理不尽な状況を避けるためにも、ある一定の遺産分は一定の親族にいくような制度が作られているのです。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談なら

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

大阪市で相続について、相続問題・相続相談、相続手続き、遺言書作成はたちばな法律事務所にお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。