相続税お尋ねに対する回答期間

相続税お尋ねは、相続される財産が発生し手から数か月を経過したころに税務署から届くことが有り、相続税の申告の有無を確認するための書類です。この書面はあくまでもお尋ねと言う形をとっているため回答の義務はないものですが、税務署はある程度の確実性を基にこの書面を発行しているので、正直に回答を行い、申告が必要な場合は速やかに申告することが大切です。

相続税は相続が発生してから10カ月以内に申告しないと申告漏れと扱われてしまうため、この期間内にきちんと申告する必要があります。不明な点は弁護士の無料相談などでも相談を受け付けているので、十分に活用することが大切です。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

大阪市で相続について、相続問題・相続相談、相続手続き、遺言書作成はたちばな法律事務所にお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。