相続税税務調査には弁護士に立ち会い対応してもらう

相続税税務調査は何も税務署が適当に来ているわけではありません。何かしら怪しいと疑義があるから来ているわけです。調査当日は税務職員、調査官が2名で自宅や会社に訪れます。まずそれだけで個人だけではあたふたしてしまいます。

調査担当者は的確に下調べのデータを下に遺産分割や財産の管理状況について問いただしてきます。対応するのは、配偶者か相続人代表と弁護士が対峙し質問内容に回答する形で進行して行きます。自宅実地調査ですのでここで申告内容に問題ないしとなればその旨の通知が届きます。

逆に申告に誤りがあれば修正申告の勧告が届きますのでここまでくれば素直に支払うのが得策といえます。金額が大きくなると遅延金等も相応の金額になりますし、対決して余計な指摘を受けるデメリットを考えるとすべきではありません。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

大阪市で相続について、相続問題・相続相談、相続手続き、遺言書作成はたちばな法律事務所にお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。