相続税税務調査の時期

相続税税務調査とは、国税庁や税務署が実施する相続税の税務調査のことです。税務署は被相続人の預貯金や不動産、株式等の財産を調査し、相続人が提出した申告書の内容とズレがある場合は、相続人のもとに税務調査に出向き、申告漏れがないかを確認します。

相続税税務調査の時期については、相続税の申告から1~2年位、繁忙期の年末から3月以外に行われるケースが多いです。
専門知識がなく税務署との連絡や資料を揃えるのは負担も大きく、弁護士に相談されることもお勧めです。弁護士は税務調査への立ち会いや、税務署とのやり取りなどを行ったり、相続人をサポートしてくれるので、不安なく税務調査に臨むことができます。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

大阪市で相続について、相続問題・相続相談、相続手続き、遺言書作成はたちばな法律事務所にお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。