相続税税務調査の立会いに弁護士を

相続のお尋ねというに任意の税務署から調査がなく、突然相続税税務調査が入ることもあり、調査に入る以上税務署も税金をとれる根拠を把握していることが多く、不発に終わらせることはしないです。また、この国税庁の調査が入るというで悪質な所得隠しと認定されると重加算税が課せられることもありのでこの折衝は専門家でないと難しいです。

もし不当に調査されて被害を被ることもありえるのでこのような場合には弁護士に折衝と依頼したほうがよく、所得を申告しなかったのは勘違いで悪質な所得隠しでないとの抗弁をしっかりとしてもらうために弁護士が最適です。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

大阪市で相続について、相続問題・相続相談、相続手続き、遺言書作成はたちばな法律事務所にお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。