相続税税務調査

自分の専門とする分野の相談をメインで行っている弁護士が多い中で、相続税における税務調査をメインで行う弁護士というのもいます。弁護士の中でも、相続税における税務調査を数多くこなしている人は、税務署がチェックする箇所などをあらかじめ把握しています。

そのノウハウを活かして、弁護士は相続税における税務調査に向けて対策をしてくれる事でしょう。相続税における税務調査は非常に専門的な分野ですので、すべての弁護士が対応できる訳ではありません。納税対象者の多くは、早くから相続税における税務調査は気になるが十分な対応ができていません。

相続税の額が大きい場合は、弁護士、税理士を顧問として雇っておくのもいいかもしれません。

相続税税務調査についての相談は弁護士へ

税務署は税務調査をする権限があります。そのため、万が一相続税を脱税しているという疑いが生じれば、相続税税務調査がなされる場合があります。故意に隠していたのであれば自業自得ですが、中には落ち度がない場合や、課税庁の見解に争いがある場合もあります。

しかし、素人では法的知識が乏しいため、うまく対応できないことも多いです。そのため、調査があった場合には弁護士に相談して、専門家の視点からアドバイスを受けた方が良いでしょう。行政訴訟を提起して、課税について争う場合でも、弁護士の力が頼りになります。そのため、泣き寝入りせずに済みます。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

大阪市で相続について、相続問題・相続相談、相続手続き、遺言書作成はたちばな法律事務所にお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。