税務署からの相続税お尋ねが来たら

税務署は相続税を支払う必要があると思われる人に対し相続税お尋ねという文書を送付することが有ります。これは基本的には遺産の相続に関する情報を税務署に申請する必要があります。
しかし、税務署はその人の所得内容をすべて把握しているわけではないので、申告すると相続税が多額に課税されると考え申告しない人も少なく有りませんが、全く返答がないと査察が入る可能性もあるので注意が必要です。

相続税お尋ねが届いたら、まずは弁護士の無料相談窓口を訪ねるのが良いものです。弁護士に相談することで、その書面の意味や対処法などを立案することができます。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

大阪市で相続について、相続問題・相続相談、相続手続き、遺言書作成はたちばな法律事務所にお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。