遺産相続手続きを代行してもらう

大切な家族の方が亡くなられたときに、亡くなられた方が一定以上の資産や土地などを持っていた場合に、残された家族は遺産相続手続きを行い、資産を相続することができます。遺産相続手続きを家族の方が自力で行うことは可能ですが、例えば土地などの名義を変える場合などには、手続きを代行してもらうこともできます。

具体的には土地などの資産の名義の書き換えには司法書士などが行ってくれますし、相続する金額が大きい場合に相続税の計算が必要な場合には税理士や公認会計士が行います。全般的にカバーしているのは弁護士で様々な士業の免許を持っているからです。

相続手続きをおこなっていく

故人が亡くなってしまった後に必ず訪れるのが、相続手続きになります。相続の手続きをおこなう際においては、独断でおこなう事は出来ず相続人全員で話し合いをおこなった上で決めていくようなことになります。その時には、さまざまな事で揉めたりするようなことが予想されます。

そのようなケースにおいては、さいやく、裁判所に持ち込まれるようなこともあるようです。そういったケースを考えると弁護士に依頼し、進行役を依頼することでそのようなリスクが軽減されることでしょう。弁護士に依頼することで、スムーズに相続できるといいですね。

相続手続きってどれくらいお金がかかるの?

親族が亡くなってしまって、そのことに関してお金についてもめるのはあまり好ましくはありませんが、相続手続きをする上で後からもめるよりはあらかじめ何にいくらくらいかかるのか知っておいた方がいいですよね。

誰かに聞きにくい内容でもありますし、親族間で積極的に話したい内容ではないのでためらってしまいますが、知らないで揉めると後を引く問題でもありますので、事前にきちんと知っておきましょう。まず遺産を渡す側としてかかってくるのが遺言書作成を依頼していた場合作成料です。こちらが意外と高く、1通15万円程度かかります。また自分で作成した場合も、保管だけお願いする場合には1年間で5千円かかります。

相続手続きをスムーズに進めるには

多くの人が直面するのが相続手続きですが、実際には知らないことだらけで困惑することも珍しくありません。そうならないように、日頃から情報収集をしておくことが大切です。家族との会話もそうですが、気軽に質問しやすいのが自治体で広報される相談会です。

近くの弁護士など専門家が相談に乗ってくれるので、安心して質問できます。家族の形が多様になり、自分には子供がいないが、自分が亡くなったらどうなるのかと不安に考える人もいます。家族関係が複雑なので、相続放棄を生前にしたいという人もいます。遺言書の作成について知りたい場合もあるでしょう

相続手続きを法律家に依頼

故人が亡くなって相続人同士で、行わなければいけないことが相続手続きになります。相続手続きに関しては、その内容が多岐にわたることから、法律家に依頼するケースはめずらしくありません。相続人の人にとってはどの法律家に依頼すべきか迷う人も多いことでしょう。

弁護士に限らず、司法書士や行政書士、税理士など多くの法律家が遺産手続きを請け負うことができます。しかしながら、それぞれに得意としている分野があり、依頼する相手を間違えてしまいますと余計に費用がかかったりもしますので、気をつけて依頼を行うようにしましょう。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

大阪で相続について、相続問題・相続相談、相続手続き、遺言書作成はたちばな法律事務所にお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。