遺留分と減殺請求について

遺族と関係が近しい人物に相続が保証されている制度のことを遺留分と呼びます。例えば、被相続人の配偶者であった場合は全体の二分の一、配偶者と子供がいた場合にはそれぞれ四分の一ずつ受け取る権利があります。

配偶者であるにも関わらず、遺言書で相続について言及されていなかった場合や、被相続人と別居していたなどの理由から遺産があることを知らされていなかった場合でも、減殺請求を行えば保障された分の相続を受け取ることが可能となっています。相続があったことを知ってから一年間、もしくは相続開始から十年が経過してしまうと時効となってしまうため、遺留分が発覚したら弁護士へすぐさま依頼しましょう。

活用したい遺留分の制度内容

遺産相続の手続きが進められる際、気にしておきたい事柄に遺留分の問題が挙げられます。亡くなった方の配偶者や子ども、両親に対しては最低限、生活への支障が出ない程度の遺産の分配が保証されており、申告による手続きの方法により適用されます。

また、兄弟姉妹が分配権利を主張したい場合は、別で設けられている制度を確認することが必要になってきます。遺産の分配方法で揉めてしまえば、家族同士だとしてもトラブルに発展することがよくありますし、遺言書の内容によって分配の権利がなくなりそうになった場合でも活用されている制度です。

兄弟や姉妹の方が対象とされない遺留分

亡くなった方の配偶者や子どもたちに対して、遺産相続の手続きが発生した場合でも、遺産の分配が最低限行われる権利を持っています。遺留分と呼ばれるこの制度は、亡くなった方の家族が生活に困らないよう設けられており、兄弟や姉妹の方は対象として含まれていません。

申請方法や、分配に関する手続きには定めらえた要項があり、正しい手続きを進めることによって、速やかな問題解決にも繋げられることでしょう。法律専門家とされる弁護士への相談を行うことも、個人的に対処できないような問題を解決させるためには有効とされています。

遺留分を考えたうえで遺言書を作成する

遺留分を考えたうえで遺言書を作成する事は、慣れるまで大変かも知れません。しかしながらきちんと定められた部分を作成しなければ、せっかく作成した遺言書が無効になってしまいますので、このような細心の注意は必要になってくるかも知れませんね。

遺言書についてはさまざまな方式がありますので、そのような方式を守りつつ、しっかりとしたうえで遺言書を作成して行くことが必要になってくることでしょう。遺言書作成に関しては、弁護士に関わらずさまざまな場所でサポートをしていますので、自分にあった場所でサポートを受けることをおすすめします。

遺言書作成時に遺留分を考える

遺言書作成の時に遺留分を考える事は、必ずしなければいけないでしょう。遺留分については法定相続人にあたる人が、故人の所有していた遺産を必要最低限、受け取れるようにした保証になります。この保証については法律で定められているものになりますので、そのことをしっかりと踏まえたうえで、遺言書の作成をすることが必要になるでしょう。

詳細や計算方法などがわからないようなことがあれば、法律家をはじめとする専門家に依頼することで、遺言書の作成もスムーズにおこなっていくことができます。専門家に教えを請うことで、良い遺言書を作成できるといいですね。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

大阪で相続について、相続問題・相続相談、相続手続き、遺言書作成はたちばな法律事務所にお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。