遺留分に関するポイント

遺産相続の手続きでは、気にしておきたい事柄として遺留分の制度が挙げられます。資産を持つ方が亡くなられたとき、両親や配偶者、子どもに対しては最低限の生活が保障されるように、遺産の分配がなされることになっています。なお、兄弟や姉妹の方は対象に含まれていません。

兄弟や姉妹として、遺産の分配権利を主張したい場合には、異なる手続きが必要とされており、正しい情報を取り入れながら対処することが重要となりまる。法律の定めに基づいた様々な制度内容が存在することによって、相続対象者への公平な分配が行われるよう工夫されています。

気にしておきたい遺留分の制度内容

遺産相続の手続きが発生した場合、特に気にしておきたい項目の一つに遺留分の制度が挙げられます。資産を持つ方が亡くなった場合、配偶者や子ども、両親に対して最低限の分配を受けるための権利が守られるといった内容であり、兄弟は対象に含まれていないところなどが特徴です。

兄弟や姉妹の方が権利を主張したい場合には、別途設けられている制度を利用する必要があります。大きなトラブルに発展しかねない遺産相続の問題に関して、どのような対処方法が存在するのか分からないという悩みも多く、弁護士などへの相談が行われることで適切に対処できます。

遺留分に関して気を付けたい点

遺産相続の手続きが行われる際、特に意識しておきたい事柄に遺留分が挙げられます。資産を持つ方が亡くなった際、本人の配偶者や子ども、両親に対して、最低限の遺産分配が受けられる権利が保証されているものであり、兄弟や姉妹が権利を主張したい時には別途、設けられている制度を利用する必要があります。

細かく定められている決まりに沿った手続きを行うことで、スムーズな問題への対処が見込める他、より大きなトラブルへの発展を回避させることも可能となります。場合によっては、弁護士などの法律専門家へ相談されるケースもあります。

遺留分を請求する権利は親が離婚や別居していても消滅しない

被相続人との関係性によって法律で相続が保障されているものを、遺留分といいます。配偶者や子供、被相続人の父母などが該当します。遺言書で相続について明記されていなかった場合でも、減殺請求を行えば保障された分の遺産を手にすることが可能となっています。

別居や両親が離婚していた場合でも、子供の遺留分は消滅しません。離れて暮らしていた場合には、被相続人の死亡や相続権があったことを数年後に知るケースもあるでしょう。請求期間は相続を知ってから一年間、もしくは相続が行われてから十年間と期間が定められています。相続の分配が終わっていても請求可能なこともありますので、弁護士へ相談してみましょう。

遺留分は遺産相続でのポイントになる

遺産相続というのは、誰かが亡くなったことで生じます。 誰かが亡くなることで、遺される人がいますが、遺された家族が生活に困らないように守るのが遺留分です。これは、一定の条件を満たした配偶者、家を継ぐ子供、直系卑属に保障されています。

遺言書で他人に相続すると記載されていれば、遺産をあてにしていた遺族には大問題です。その後の生活にも影響します。遺言書の作成、遺産分割協議といった遺産相続に関わる手続きでは、遺留分を知っていて損はありません。 相続手続きは、まだまだしないでいいだろうと思っていても、急にやって来るものです。日頃から情報収集に努めておくといいでしょう。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

大阪で相続について、相続問題・相続相談、相続手続き、遺言書作成はたちばな法律事務所にお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。