遺言書と遺留分の関係を知っておく

亡くなった人が遺書を残していれば、基本的にはその故人の意思が尊重されます。しかし、遺留分と呼ばれる、特定の法定相続人が遺言書の内容に左右されずに、ある程度の財産を確保できる権利があることを忘れてはいけません。それを請求することを遺留分減殺請求と呼び、法律で決められた制度になっています。

この権利はどうしても発生しがちな問題にはなりますが、遺言書の書き方によって請求者に配慮してもらうことができる可能性はあります。例えば、減殺請求を行う対象の財産を指定する文言を入れることや請求者と生前に話し合いをして生前贈与でお金を譲り渡したことなどを記入しておくことがあげられます。

注意も必要な遺留分の内容について

遺産相続の問題が発生した際、様々な定めの基に手続きを進める必要があります。中でも意識しておきたい遺留分の制度に関しては、亡くなった方の配偶者や子ども、両親に対して、生活に支障が出ない最低限度の遺産を受け取ることができるよう保証された内容であり、兄弟や姉妹の方が対象として含まれていないという点が特徴的です。

兄弟や姉妹の方が遺産相続の権利を主張するためには、異なる手続きが必要とされていることも注意せねばなりません。法律によって定められた条件項目も多く見受けられる中、正しい情報を取り入れることも重要とされています。

気を付けるべき遺留分の内容

遺産相続の手続きにおいては、亡くなられた方の家族に対して最低限の保障が定められている、遺留分という制度があるのです。主に亡くなった本人の配偶者や子ども、両親が対象として含まれており、生活を営む上での支障が出ないように対処がなされています。

兄弟や姉妹の方が権利を主張したい場合については、対象に含まれておらず、異なる手続きを通じた対処が求められます。法律に基づいている情報や知識などを取り入れながら、大きなトラブルに発展することがないように、対応したい事柄であります。弁護士などに相談を進めるということも、スムーズな問題解決において役立てられます。

詳しく知るべき遺留分の内容

遺留分という言葉は、遺産相続の場面で取り上げられます。資産を持つ方が亡くなった際、両親や配偶者、子どもなどへの遺産分配の権利が守られた制度であり、最低限の生活に支障の出ない程度の遺産が受け取れる権利として適用されます。

兄弟や姉妹の方は対処として含まれていないため、異なる制度の利用が求められるなど、正しい知識や情報が必要とされる場面も多いものです。それぞれの制度に関しても詳しく知ることで、問題に対して的確な対処が進められると同時に、より大きなトラブルへの発展を防ぐことも可能となります。弁護士への相談なども有効的です。

遺留分という制度が存在する理由

一定の法定相続人に認められている最低限の遺産取得のことを、遺留分といいます。民法では被相続人と密接な関係がある者を法定相続人と定めて、遺産相続をさせています。こういったことから、多くの遺産を被相続人に近かった者が引き継げるようになるのです。その反面で、被相続人の意思を尊重することも重要となります。

このため、遺言や贈与によっては、財産を処分するという自由も認められているのです。しかし、自由に処分することを完全に認めてしまうと、相続人の期待が大きく裏切られてしまいます。そのようなことから、法律で一定範囲の近しい相続人には、遺留分を認めたのです。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

大阪で相続について、相続問題・相続相談、相続手続き、遺言書作成はたちばな法律事務所にお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。