連絡が取れない相続人がいる際の手続き

中には結婚したり、一人暮らしをするなどして家を出てしまう人もおり、そのまま連絡が取れなくなっている相続人がいる場合の相続手続きについてですが、たとえ連絡が取れなくても手続きをして相続をする必要があります。

勝手に集まった人だけで相続の手続きを進めると後でトラブルの原因になりますので、回避するために失踪宣告などの手続きが必要になります。

連絡が取れない相続人がいる時には、少し話がややこしくなりますので、法律家に頼んで相続の手続きを行うなどの対応を行う様にしたいですね。自分達の意見で進めてしまうのではなくて、きちんと法律が定められていますので、決して無視する事はできません。

相続税に関する税務調査について

納税する時に申告漏れとなってしまっているものがないかどうか確かめ、適切に納税を行うという事を目的に相続税に関する税務調査が行われます。相続税に関する税務調査においては、意図的に納税を逃れるために漏れとなっているものばかりではなく、知らずに漏れてしまっているものについても含まれます。

ですので、大丈夫と自信を持っていても、相続税に関する税務調査が行われると、漏れている部分が発覚する事もある様です。自分だけではきちんと申告できているかどうかわからないという人は、税理士に相談して、相続税に関する税務調査に向けて、最初から漏れのない申告を行っておくといいでしょう。相続税に関する税務調査では、預金だけではなく、有価証券や土地などが深刻漏れになってしまっている事もあるそうです。

注目したい相続税についてのお尋ねの書類

ポストにはチラシや郵便物などいろんな物が入っている事がありますが、相続税についてのお尋ねと呼ばれる書類が税務署から届いている場合には、要注意です。相続税についてのお尋ねと呼ばれる書類は処分してはいけません。

相続税についてのお尋ねの書類は読むだけではなく、書いて提出しないと、税務調査が来る事もあります。相続税についてのお尋ねの書類が来るとすれば、身内が亡くなってしばらくした頃に到着する可能性が高く、税務署は誰がいつのタイミングで亡くなったかという事は、把握できている様です。

また、資産についても把握できている部分もあるため、この書類が送られてきます。相続税についてのお尋ねの書類は、失くさない様にしないといけませんね。記入漏れなどに気を付けながら、完成させたいですね。

手続きにおいて大事な相続財産

さて、今から相続の手続きをしようかという段階において重要な事があります。まず書類を書いたりする手続きに取り掛かるのではなく、まずは相続財産を確認する事が必要です。相続財産はお金だけとは限りません。

これが厄介で、証券や株式、生命保険など自分の知らない事もあるかもしれません。相続財産を把握するため、市役所に行って手続きしないといけない事もあり、平日は仕事をしていると難しく感じられるかもしれません。

相続財産が確定すると、次の手続きに進む事ができますね。手続きを一つ一つ見てみると、やらないといけない事はたくさんあり、悲しんでいるばかりではなく、忙しくなるという事が考えられますね。

ぜひ遺言書を作成したいケース

結婚して子供がいるが、離婚し別の人と再婚した場合などには、相続も複雑になってしまう事もあります。ですので、この様な場合には、遺言書を作成しておくといいと思います。他にも養子関係にある人なども遺言書を作成しておきたいですね。ちょっとした金額であっても、揉める時には揉めますので、遺言書を作成しておくと、回避できる可能性は高まる事でしょう。

また、身寄りがない人は、遺言書作成する必要がないと思われるかもしれませんが、面倒をみてくれた人に対してお礼がしたいという場合には、遺言書を作成しておく必要があります。誰かが権利を主張した場合でも、トラブルにならない様に考えておきたいですね。