いろんな費用を含む相続手続き

家族間での争いを避けるという目的のために、司法書士などに相続手続きを依頼してしまう人は多い様ですが、司法書士に支払う費用はもちろんですが、その他にも相続手続き関連の支払いが必要になる事もあります。

司法書士が提示している費用は、相続手続きに必要な費用を含んでいるのかどうかという事を知りたいですね。

相続手続きの費用を含んでいる場合には、別途お金が必要になるという事はあまりないかもしれませんが、法律費用だけであれば、別途相続手続きに関する支払いが発生する可能性もあります。詳しい内訳を確認するとすぐにわかる事でしょう。また相談する際に司法書士に尋ねておくと、はっきりとしますね。

相続税税務調査と金額の大小

どの様にして相続税での税務調査が入る所を決定しているのかという事は、一概には分かりません。来ないと思っていても突然相続税での税務調査が来る事もあります。

しかし、相続税での税務調査が入りやすい傾向にあるケースというのは存在するみたいですので、もし該当する人がいれば、ぜひ対処をしておきたいですね。

まず、相続税での税務調査においては金額の大小が関係している事もある様です。

相続税は相続の金額が大きいと税額も増える事になりますので、金額が大きい人は要注意の様です。しかし、金額が大きいというのは曖昧ですが、3億円程度かそれを超える場合には、準備をした方がいい様です。

また、申告は書類で行いますが、間違いが複数発見された場合に、税務調査が来る事もあるみたいです。

注目したい相続税についてのお尋ねの書類

ポストにはチラシや郵便物などいろんな物が入っている事がありますが、相続税についてのお尋ねと呼ばれる書類が税務署から届いている場合には、要注意です。相続税についてのお尋ねと呼ばれる書類は処分してはいけません。

相続税についてのお尋ねの書類は読むだけではなく、書いて提出しないと、税務調査が来る事もあります。相続税についてのお尋ねの書類が来るとすれば、身内が亡くなってしばらくした頃に到着する可能性が高く、税務署は誰がいつのタイミングで亡くなったかという事は、把握できている様です。

また、資産についても把握できている部分もあるため、この書類が送られてきます。相続税についてのお尋ねの書類は、失くさない様にしないといけませんね。記入漏れなどに気を付けながら、完成させたいですね。